Web(中村勇吾)×Architecture(藤村壮介)@ワタリウム美術館。
ミクロからマクロまでの段階的情報の厚みをどのように捕らえているか、新しくして時代を感じるような古さを技術的にどう確立するか、云々。WEBの革新的なプログラムについてはよく分からないけど、方法論や偶発性についてはふんだんに共感を得たし、高速なその世界とは対照的な時間軸にある「建築」については云うまでもないところ。比べようがないしね、とりあえず期待以上の一席だったのでした。

広告