その表現やプロセスは未来へのどの様な示唆に富むのか。2Dである意味を超えて何を写すのか。僕はそこにある『立体』にこそ唸りたい。

TOKYO PHOTO 2010
http://www.tokyophoto.org/index.html#2

広告